S2000フルスケールメーター(300km/h)その3

スポンサーリンク

S2000のスピードメーターは高い。でも早く作業をしたかったので、ヤフオクに「動作確認していないためジャンク扱い」で出品されていたスピードメーターを落札。結局落札額はジャンク品の値段では収まらず、2万越えの普通のお値段にσ(^_^;)

手元に届いて電源を供給してみると、電源が入らない…

電源の接続に問題があるのかと調べてみたけど問題なさそう。

とりあえずカバーを外して導通チェック。

ヒューズ

ヒューズが飛んでイヤがった!

ネットで調べると、これは定番の故障のようだ。

ヤフオクのプチ闇を見た…

気を取り直して、ヒューズの足を短絡し、電源投入。無事に電源が入った。

さて、改造する前にテスト環境を整備する。電源は転がっていた無線LANの12Vアダプタ。容量が足りてなくてメーターが暗いが気にしない。

次に、300km/hの確認をするため、擬似的に車速信号を生成する発振器が必要だ。実車に取り付けても300km/h出ないしねw

海外の整備書を見る限り、車速信号は5Vのパルス信号となっている。車速信号の端子をテスターで測ってみると5V立っている。どうやら車速センサーはこれをGNDに落としてパルスを生成するようだ。

自由にパルスを生成したかったので、発振源にiphone5sでOSCアプリを使い、その音声信号をコンパレータに繋ぎ、出力をトランジスタに入れてオープンドレイン(オープンコレクタ)の出力で車速信号端子をGNDに引っ張ってパルスを発生させる。

準備は整った。

180km/hで車速表示が止まる確認をした。

確かに180km/hで止まった。

ここから本番、改造を始める。EEPROMを取り外し、テスト用のEEPROMを実装出来るようにICソケットを制御基板に半田付けした。

そして、海外サイトで見つけたEU仕向け改USA仕様のEEPROMデータのバイナリファイルを作成し、書き込み、スピードメーターに取り付け。

電源ON!

走行距離が表示されず…

これは前途多難だなσ(^_^;)

しかし、km/hとmph表示の切り替えは動いた。

試しに車速信号を入力してみると、車速は0km/hを表示し続けた。

改めてEEPROMの書き込みに使ったpickit2の画面をよく見ると、作ったデータの上位バイトと下位バイトが逆転していた。1wordが16bitなのでそういうトラブルは有りがちだ。

データを再作成し、書き込んだところ無事に走行距離が表示された。

再度動作確認

  • mph km/hの切替OK
  • 車速表示NG

どうやらEEPROMのデータに信頼性が無いと判断され、車速表示がされないようだ。

そこで、データをEU仕向けに修正した。そのデータはEU仕向けのメーターからEEPROMをDUMPした生のデータと同じなので、少なくともEU仕様として動作するはずだ。

動作確認

  • mph km/hの切替可能
  • 車速表示NG

ん?なんで?

とにかく私のJP仕向けのスピードメーターにネットで拾ったEU仕向けのEEPROMデータは使えないということだ。仕向けごとにソフトまたはハードが違うのだろうか?またはスピードメーターの仕向け情報のエリアは移動するのか?

とりあえずわかったこと。

EEPROMデータに信頼性がないとmph表示禁止が解除される。

そして車速が0固定になる。

ちなみにこの時、走行距離のカウントは正常に加算表示されていく。

これは困った。完全に自分で解析する羽目になってしまった。

ここからはスピードメーターに実装されていたEEPROMのデータをDUMPし、それをベースに解析することにした。

車速信号を入力し、走行距離を増やしてDUMP。TRIPをリセットしてDUMPなどなど。

走行距離で変動するエリアはわかってきたが、結局変化のないエリアも結構な容量で、全パターン試す事は出来ない。

あとは空気を読んで想像を膨らませ、最後はスピードメーターの気持ちになったら解ってきた。

いくつか試した結果、以下のモードを発見。

  1. JP(ノーマル)
  2. JP(105km/hから警告音)
  3. US(標準km/hでmph切替可能)
  4. US(標準mphでkm/h切替可能)

EU仕向けがまだわからないけど、US仕向けがわかった。

これがフルスケールメーターじゃ!目的は達成だ。しかし、上記2の昭和仕様はウケたw

mph表示では190mphが最高表示となる。

今回の実験の発端になったEUのメーターを改造してmph表示出来るようにするという海外サイトのネタだか、そこに書かれていたデータ変更の値は誤りだと推測する。mph表示できたのは上記の「EEPROMデータに信頼性がないとmph表示禁止が解除される」によるものだろう。

しかし、私に2万越えの壊れたスピードメーターを買わせた挙句、解析までさせるとは。完全に踊らされたな〜

時間とお金を使ったので、S2000のメーター改造専門店でも始めようかな。

S2000フルスケールメーター(300km/h)その4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク