S2000 イグニッションコイル+プラグ交換

スポンサーリンク

S2000で首都高ドライブ〜で首都高降りたらなんか車体振動が⁈

ていうかエンジンが不整脈状態。エンジンチェックランプ点灯!

わ〜家まで帰れるか?

エンジン音が不等長のボクサーサウンドの様…


無事に帰宅し翌日状況を再確認。やはり失火してエンジン音がバラついた感じ。整備士Y.Kさんに電話。たぶんイグニッションコイルが原因との事。OBDで確認せよと。

確認したところ失火の履歴が。とりあえず履歴をリセットしてエンジン再始動。

あれ、症状治っちゃった…

翌週、もう少し長距離走って再発するか確認する事に。しばらく暖気していたら症状再発。

はいダメ〜

という事でイグニッションコイルを買う事に。純正は高いらしい。そこで信頼できるサードパーティのNGKとHITACHIを検討。安いHITACHIを選択。日立 イグニッションコイル 品番:「U14H01-COIL-1」4本で17930円だった。

イグニッションコイルはプラグの摩耗が原因で壊れることがあるらしい。調べたらNGKイリジウムMAXプラグ 品番:「BKR7EIX-11PS」4本で4023円だった。S2000のエンジンオイル交換1回が3〜4000円。そう考えたら安く感じた。イリジウムプラグは高いイメージがあった。それは学生の頃、お店で売っていたイリジウムプラグが高かった。その感覚のままアラフォーにw

プラグカバーを外します。

イグニッションコイルを外します。

プラグを外します。エーモンのプラグレンチ。この工具も兄貴が買った奴だ。助かってますw

プラグの焼け色は問題なさそう。

プラグの締め付けトルクは1.8N•mらしい。そんな低いトルクレンチ持ってないので回転角度で締める事に。NGKのHPを見ると、新品の場合、ガスケットが接してから1/2〜2/3回転との事。

イグニッションコイルはただ交換するだけなので簡単。

試運転を30分ほど。問題なし。治ったと思う。

不具合が解消でエンジンご機嫌。S2000最高!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク