パレットISOFIX対応シート流用

スポンサーリンク

今使っているチャイルドシートはシートベルトでもISOFIXバーでも取り付けができるアップリカのクルリラを使っています。

私のアコード(2002年式)はISOFIXバーが車体に付いているのでISOFIXで取り付けしています。しかし、うちのパレット(2008年式)にはISOFIXバーが付いていません。アコードとパレットをチャイルドシートが行き来しているのですが、やはり、ISOFIXの方が楽だし、しっかりと取り付けが出来て安心です。

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート クルリラ AB モアレブラック BK 【ISOFIX固定&ベルト固定両方可能】 93522


【ポイント10倍】【正規品】 Aprica (アップリカ) クルリラAB Cururila モアレブラック BK イス型チャイルドシート【あす楽対応】【代引手数料無料】

海外展開のある日本車は古い車でもISOFIXバーが搭載されているのですが、日本国内でしか販売されない2012年以前の軽自動車にISOFIXバーはあまり付いていないようです。(日本は2012年にISOFIXバーが義務化)

パレットは2012年6月のマイナーチェンジ以降の車両にはISOFIXバーが搭載されています。そのISOFIXバーが付いている場所は、リアシート本体です。

じゃあ、リアシートを2012年6月以降の物に交換すれば良いじゃん!

と、気が付いてしまったわけです。そこで流用情報をネットで検索。

全然出てこない…

でも、普通リアシート流用なんてボルト数本の脱着だけだから出来るよね?ってことで中古シートをヤフオクで検索。どれが使えるのかたくさんシートを見ていてわかってきました。

ISOFIX対応のリアシートの見分け方は、

  • ヘッドレストが大きい
  • シートにISOFIXの記載がある

この2点。そして、パレットには沢山の兄弟車が存在します。兄弟車のシートは同一形状であるはずです。パレットの男向け仕様のパレットSW、OEM供給の日産ルークス、ルークスハイウェイスター、マツダのフレアワゴン…

あった!と思いきや使えないデイズルークスだったり、写真をよく見て型式と年式も確認しながら探します。うちのパレットのシートは黒系なので、茶色は見つかったけど、やっぱ見送り…

結局リアシート2脚で黒系が見つかりませんでした。パレットは2013年2月で生産終了しています。ISOFIX対応のパレットは9カ月間しか生産されていないし、高年式車が廃車になる台数は少ないよね…

ヤフオクをパレット、ルークス、フレアワゴンで監視する日々が始まりました。そして3ヶ月たったある日。

キタ――――

2013年2月のパレットSWのシートが出品されているではないか!

1脚5,400円×2+送料8,200=19,000円 ちょっと高いですが、即買いです。

では、シートを外していきます…が、iphoneの容量不足で写真が撮れない…

足元のプラスチックを外してボルトを外します。プラスチックのカバーは前から後ろにはめてあるので、後ろから手を入れてやれば簡単に外れます。シートを前に出すか、フルフラットにするときのシート後ろ側のロックを解除してシートを浮かせればアプローチ可能です。

ボルト2本、ナット1個を外すとシートが外れますが、(アプリ消して写真復活)写真中央のロープが車体につながっているのでそれも外します。このロープのおかげでフルフラットにするときにスムーズにシートが折れてくれる構造のようです。

とりえず片側終了~ やはりパレットSWのシートの方が布地も2種類で肌触りもすこし高級感があっていいね。一応シートベルトが出来るかシートベルトバックルに差し込んでみると。入らない…

穴の大きさが違って、どうやってもシートベルトが刺さらない。仕方ないので、シートベルトバックルを移植することにします。

シート横のネジを一本外してカバーを手前に引いて赤丸の位置にある引き爪を抜きます。そして青矢印方向に引きあげながら抜くと取れます。

爪のバーツ(白い部品)がシート側に残ってしまっていました。これはカバー側に戻してやらないと元に戻す時にカバーを損傷します。これに気が付いたのが2個目のシートだったので、1個目は爪の根元が損傷して曲がっているかも…

シートベルトバックルです。左が2013年式、右が2008年式です。新しい方が少し大きい。ボルトのサイズは同じだったので、難なく交換できました。

交換完了しました。やっぱりパレットSWの方がかっこいいなぁ。この生地でなぜ統一しないのだろうか?

これですよ、私が欲しかったのは。

指を入れてバーを探してみると、シートの座面側にバーが埋まっている感じです。アコードは奥の方にあるのですが、このシートはバーが簡単に触れるので、ISOFIXバーを目視で確認しながらチャイルドシートが装着できます。

9年11万キロの内装の状態が悪いので、リアシートがリフレッシュされて嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク